<< 久々の五雲会へ〜満次郎先生と打合せ!そして善竹十郎さんと♪ | main | 本日はKumichannelの初リリース!第1回は『天城越え』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

神話に挑戦!

昨日は寒かったですね〜。こういう日はお家にいるに限る、
ぐうたらするに限る、と思ったのですが、
「おおお、日本書紀まであと1週間だよ」
ということに気づいたら、おちおち寝ていられずテキスト創りに励みました。
   

『西 久美子と読む日本書紀』
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-710e.html
今回の13回はまだ授業でも扱ったことのない『神代(かみよ)』に挑戦します!

「神話」というと親しみがあるのですが、実際原文を読むとこれが結構難しい!
でも現代語訳を読んでもいまいちわかったようで解らない、解りづらい箇所なのです。
では、古文で音読してみましょうという企画です。

古文を理解するのって、やっぱり自分からその世界に入っていかないといけない
ものだと思うのです。そうした上で相手をなんとか理解しようと思って取組む。
そうやっていると、ようやく見えてくるもの、読み取れるものが出て来る気がするのです。
そうやって掴める喜び、解る楽しさが古文の醍醐味かと。

現代からの時代が遠く離れれば離れるほど、理解が難しくなりますから、
神話って本当に理解が難しい。それを今回から何回かにわけてやってみようかと。
無謀な挑戦をしてみるのであります。

どこまで掘り下げられるかわかりませんが、いけるところまでいってみようかと。
今週はこちらと向かい合ってみようと思います。


at 14:35, 西 久美子, 西久美子(国語教育・日本書紀)

comments(0), -, -

スポンサーサイト

at 14:35, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment