スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

投資と浪費と消費のおはなし

「お金を遣う時に、それが投資か浪費か消費か、考えた上で遣いなさい」
有名な松下幸之助さんの言葉です。

最初は、なるほどなあと思ったのですが、だんだんわからなくなって
きて、それをいつだったか、師匠の豊さんに聴いてみた事があります。
その時に教えて貰った話に、なるほど合点したので、皆さまにご紹介、
且つ備忘録まで。

「ある男性が、親の遺産を5億だか10億だか相続した。

趣味が音楽だった彼は、そのお金を放蕩三昧に遣った。
オペラ座を貸し切ったり、当代一流の歌手を呼び、自分だけの為に
リサイタルを開いたり。通常では到底できないことに、湯水のように
金を遣い、1年かそこいらで遺産を全て使い果たした。

一文無しになった時に、ようやく彼は考えた。
これからどうやって金を稼ごうかと。

自分には音楽しかない。
これまで一流の音楽を聴いてきたので、少し聴いただけで、それがヒット
するかしないか、それは解る。
その後、彼はヒット曲を量産する敏腕プロデューサーとして活躍した。」

湯水のように金を使って音楽放蕩三昧を送った時には、誰の目から見ても
それは浪費にしか見えなかった。
でも時間が経ってみると、それは立派な投資だった。

逆もまたあり。
「投資」のつもりでお金を遣っても、結果「浪費」でしかないこともある。

株式投資で、本人は投資のつもりでも、損ばっかりしてたら、それは投資
じゃなくって、浪費でしょ。
だから、「投資」「浪費」「消費」って一概に定義できないんだよね、と。

なるほどなあ〜と、合点がいきました。
一見すると「目的をもって取組む」って近道のように、正行法のように思えます。
が、そんなに世の中簡単でも単純でもないんですよね。
それをやったらどうなるとか、こうしたらどうなるとか、いくら予想しても
それは予想にすぎず、絶対に完全予想はできません。←保守
(ちなみに、それを完全予想できる、と言うのがマルクス共産主義思想です。)
結局は自分の目の前にあるものに、取組んでいくしかない。

”なるほどがってん”をやるのも、大した意味がないといえば意味はなくって
毎週木曜日に配信すると、ある時決めちゃったからやっている。
ただそれだけ、といえばそれだけです。

なんでもそんなものだと思うし、"そんなこと"で色んなことが決まって行く、
そんな氣がしています。

だからね、おやつは浪費ではないのだよ、ミラクルくん☆(←アホ)
   
くみちゃん、おやつは立派な浪費だにゃ〜 ムスッ。

もっと豊かに、もっと自由な人生を!


「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/


ほぼ日更新中☆Facebook
https://www.facebook.com/kumikokugo

いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます!
ブログランキングに参加しております♪
なるほど!とお読み頂きましたら、ポチっと応援お願い致します!  ブログランキング・にほんブログ村へ

at 07:57, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

今日のおやつ考1〜おやつと”なるほどがってん”の共通点

先月思いつきではじめた「今月のおやつ」。
これを始めたのは、ブログに写真を入れる為。
うちのワンとニャンの写真でも良かったのですが、気軽に取れるものがいいな、と。
それが「おやつ」だったのです。

でね、ほぼ毎日録り続けているわけですが、あることに気が付きました。

「おやつ」って基本自分一人で食べるもの。それをおおっぴらに公開しているわけですが、
やっぱり人様にお見せするにしても、自分一人で食べるおやつでなくてはいけない、そう思ってます。

 今日のおやつNO22:はっさく大福
http://0845.boo.jp/hassaku/archives/001187.shtml

なんと柑橘類を、大福の中に入れてしまうという、
恐るべき日本の知恵の逸品。よく思いついたよね〜
でもね、美味しいの。はっさくの苦さが美味しいの。
なんでも広島銀座館で、知る人ぞ知る人気のお菓子だそうで、
常に売り切れなのだそうです。
1個168円。軽くてね〜ぺろっと2・3個はいけちゃいます。

人って「すごく思われたい」と、「あんまり凄く思われたくない」という気持ちが、
必ずあるのですが、人様に良く思われる為に「おやつ」をたべちゃいけないな、と。
私の場合は「この人どんだけおやつにお金を使ってるのと?」
とね、びっくりされることに対する恐怖がやっぱりね、ありました。
それをはねのけて、だって本当につかってるんだもん、と開き直って公開してます。
(↑これを馬鹿と言わずして、何をか言う。)

なるほどがってんも全く同じで、人に良く思われるための番組は
やめよう、ある時そう決めました。
基本、自分が面白ければいい。
逆の言い方をすると、自分が面白ければ、それに絶対に気づいて
くれる人がいることを信じる、ということでしょうか。
誰のためでもなく、自分の為に番組を作る。
評価を頂ければ、そりゃあやっぱり嬉しい。
でも、評価を得られなくても、創り続ける。

ということで、今日もおやつを食べ続けるのであります♪(←オチ)

「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/

いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます!
ブログランキングに参加しております♪
なるほど!とお読み頂きましたら、ポチっと応援お願い致します!  ブログランキング・にほんブログ村へ

at 10:26, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

『止める』勇気・『止める』覚悟

 あっと言う間に1月も半ば。はやいですねえ〜。
ついに!”なるほどがってん”も6年目に突入しました。

実は、ここ2年位の自分の課題は『止める』勇気と覚悟でした。

スタートした5年前は何にもないところから番組作りを始めて、
とにかく番組を作って配信。
ここ3・4年はそれをレギュラー化させていきました。

そうすると、誰しもが「次がある」と思うのです。自分でもそう思うのですから。
でも、自分や”なるほどがってん”の状況が明らかに変化していると、
「できない」場合があるのです。また、「やりたくない」場合もあります。

そういう時に、「止める」勇気を持つことが必要とされるなあと。
自分が大事に大事に知恵を絞り、種を蒔き、育ててきた番組たちです。
愛情も執着もあります。止めるのは本当に辛い。続ける方が精神的に楽です。
でも、勇気を出して「今は止める」ことが自分にも”なるほどがってん”にも
必要なのだと自分に言い聞かせて、「止める」ことを選択するのです。
(大げさではなく、これまで何回泣いたことか・・・・)

だから、大好評の”なるほどがってん寄席”ですが、「止める覚悟」を
持ちつつ配信しています。
3月までは配信の見込みがたっておりますが、その後は未定です。
個人的には続けたいのですが、続けるには一工夫必要だなあと。

でもね、「止める」覚悟を持ってから、「当たり前に配信できること」により一層の
感謝を持てるようになりました。
たった1本かもしれませんが、本当に有り難いと心から思えるのです。

う〜ん!ふかいでしょ!
継続した番組作りは、本当に色んなことを教えてくれ、また
自分を成長させてくれます。


「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/

いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます!
ブログランキングに参加しております♪
なるほど!とお読み頂きましたら、ポチっと応援お願い致します!  ブログランキング・にほんブログ村へ

at 13:13, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

今年の出来事

なんとなく、ブログを書く気にならならず、そのままにしておいたら
早くも1週間が経過。
師走だからでしょうか、あっという間に時が流れていきます。
今年は早かった。特に夏以降が本当に早かった氣がします。

先日ふと思いついて、今年の出来事をノートに書き出してみました。
思い出に残る出来事とその理由を、思いつくままにつらつらと
ノートに書き出してみるのです。
毎年やっているのですが、これがね、本当に良いのです。
(やる場合は、PC等ではなくノートに手書きでがお勧めです!降りて来かたが違います。)

そこで、ワタクシの今年の出来事をご紹介いたします。

☆自分の塾での初めての受験を経験したこと。
その後、中学入試は単なるスタートであることを実感したこと。
生徒の成績は指導者の成績。来年もがんばりまっす。

☆”なるほどがってん寄席”をスタートしたこと。
「笑い」という新たな要素が生活に加わり、今ではほぼ毎日
社会人落語を聴くという、以前では到底考えられない生活に。
落語は人を変える???

☆某大学に日本語学講義の聴講に通い始めたこと。
いくつになっても勉強を始められることがわかりました。
学問は楽しい!やっぱり人間勉強しなきゃね。

☆職場が変わったこと。
まさか自分がこの仕事をするとは、、、、、人生どうなるか本当に
わからないものです。

☆葉書を書くことを趣味にしたこと。
心から喜びを感じられる趣味がまた一つ増えました。

☆田中英道先生と興福寺仏頭展へご一緒したこと。
美術史の大先生の解説で国宝を鑑賞するという、なんとも贅沢なひと
時を味わえて幸せでした。冗談ではなく、死んでもいいなと思いました。

そしてなによりも、
☆自分の日常が多くの方に支えられて、成り立っている事を実感できたこと。

自分のできることなんて、ほんのわずかにすぎないな、と。
来年はもっともっとスキルを磨いて、力を付けたいと思います。

もっと沢山のことを社会や皆さまにお返しできるように・・・・

年末大決算!怒濤の2週間が始まるその前に、しばし策を練ります。



西 久美子

「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/


いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます!
ブログランキングに参加しております♪
なるほど!とお読み頂きましたら、ポチっと応援お願い致します!
  ブログランキング・にほんブログ村へ

at 23:43, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

人は変わるのです

 先日”全日本社会人落語選手権 チャンピオン大会”なるものが日本橋亭で
行われ、「すごい大会だから」との推薦を受けて観に行きました。
それはそれは濃〜い、ディープな落語会でした。

正直もの凄い違和感を感じました。なんかね、自分らしくない世界。
なんでワタシここにいるんだろう????って冷静に思うほど。
で、思ったのです。演芸場より能楽堂の雰囲気が好きだなあ〜って。

そこで、もう一人の自分が突っ込みを入れました。

はっつ??????おいおいおいおい、ちょっとまてよ。
5年前にそんなこと、言ってたか????
10年前にそんなこと、言ってたか????

遊び狂った20代、背伸びしまくった20代。
それはもう、西欧に憧れて憧れて、どっぷりはまりましたよ〜。
ですから、ワタクシ能楽やら日本の文化芸術にはとんと興味がありませんでした。
あの頃の自分が今の自分をみたら、何と言うことか・・・・
叶うものならば見てみたい気がします。

本当にね、人は変わるのですよ。いいじゃん、変わっても。
変わろうと思って変わった訳ではないのですが、変わるものなのです。
だから、5年後10年後どうなっているのか、何をしているのか
本当にわからないものだなあ〜、と。

ディープな大会を観ながら、そんなことを考えてたのでありました。


「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/


いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます!
ブログランキングに参加しております♪
なるほど!とお読み頂きましたら、ポチっと応援お願い致します!
  ブログランキング・にほんブログ村へ


at 07:14, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

成長=挑戦+謙虚

今勉強しているテキストに書かれていた言葉です。

その組織の中で、自分が必要な存在だと思った瞬間に、その人はその組織に
必要ない人間になっている。


なぜなら自分が必要だと思った時、人はその時点で成長が止まっているからだ。
人間は成長することが何より大事。成長のない人間には魅力を感じられない。
生きている限り成長し続けることが必要なのだ。

では、どうすれば成長し続けられるのか。

その1つは「挑戦」
挑戦しない人は恥をかくことができない人で、この人は成長しない。
「しなかったこと」を正当化して「できなかったこと」にすり替えて、自分自身
に嘘をつき始める。

もう1つは謙虚。


>その組織の中で、自分が必要な存在だと思った瞬間に、その人はその組織に
必要ない人間になっている。

初めてこの文章を目にしたときに、正直が〜んと一発やられました。
見透かされた気がしました。このままじゃいけない、と思いました。

何もいいません。挑戦します。腹をくくります。
挑戦している方の、心の支えになればこの上ない喜びです。
ご一緒に頑張りましょう。


西 久美子

「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/

いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます!
ブログランキングに参加しております♪
なるほど!とお読み頂きましたら、ポチっと応援お願い致します!
  ブログランキング・にほんブログ村へ

at 08:04, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

挑戦者と評論家

時間と心の余裕ができたこの1週間ほど、集中して勉強しております。
せっせせっせと問題を解いて、まるつけして、直しをするのであります。
しみじみと「先生」とは自分がまず勉強するのが、仕事なのだなあ
とかみしめながら・・・・・

自分にとっての勉強は、自分でつくった限界を超えようとするもの。
だから挑戦。辛いけど、やっぱり楽しい。

これをやめて楽な側にまわると、評論家になってしまう。
自分では何も生み出さずして、人のことをあれこれ言う。
評論家にはなりたくない。

なるほどがってんも、自分にとっての挑戦でありたいし、
挑戦者が創るチャンネルでありたい。
そう思っています。


「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/



いつも最後までお読み頂きましてありがとうございます!
ブログランキングに参加しております♪
なるほど!とお読み頂きましたら、ポチっと応援お願い致します!  ブログランキング・にほんブログ村へ


at 09:56, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

絶対的視点

ポッドキャストを創る上でも、趣味の観能にしても、落語にしても、本を読むに
しても、全てにあてはまることなのですが、一目観ただけで「ああ、これは良いな」
「これはダメだ」とわかるかどうか、理屈ではなくわかるかどうかが特に重要だと、
最近痛切に感じます。

誰かと比べてどうこうということではなく、何とも誰とも比較せずに、”絶対的に”
そのものをみれるかどうか。その絶対的視点が創造の基本であるのではと。

宝物は目に見えてわかる形では手元にやってきません。
未知の情報に出逢った時に、それをどう判断し、どう活かせるか。
ひょっとして自分は宝の山をそれと気づかずにどんどん捨てているの
かもしれない、
とこの頃よく思います。
だから、自分の器以上の番組はできない、できるはずがないのです。
いやあ、まだまだ思うようになりません。

思うようにならないながらも、なんとか8月も頑張って番組を沢山作っていきたいと思います。

西 久美子

追記:
ではその絶対的視点をいかにして養うか、ということですが、これはもう最良の物に
できるだけ触れて、それを自分の軸とするしかないかと。
わたくしの場合は、日本書紀をはじめとする古典文学と能がスタンダードです。
偶然の産物ですが、古典をスタンダードに持てたことは幸いでした。



「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/

at 17:18, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

素朴な疑問・・・麻生太郎氏へのバッシングはどこへ行ったの???

日本研究所所長 鴨下豊の
やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん”
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-c73f.html

2013年7月参議院議員選挙特番は毎日配信中でございます。


つい先日ふと思い出しました。
2009年の自民党のバッシングのきっかけは何だったのかと。

そうですよ!麻生太郎氏の漢字の読み間違い、
そんなどうでも良いと言えば良い事をマスコミがこぞって連日報道。

あれから4年、麻生副総理の漢字の読み間違いは全く報道されませんが、一体読み間違いは直ったのでしょうか????

本当に、あれは一体なんだったのでしょうね???
賢いみなさまは、もうお気づきのはず!これぞ日本が「閉ざされた言語空間」にあるということです。

一方「閉ざされた言語空間」にない国では同じ頃、新聞に以下の記事が掲載されていたとのこと。
以下シンガポール紙の記事を転載いたします。

麻生首相はメディアの攻撃の犠牲者となった  2009年2月20日 
ストレーツ・タイムズ(シンガポール紙) Kwan Weng Kin




日本の総理大臣、麻生太郎氏は、漢字を正しく読めない、ただのマンガ愛好家なのだろうか。
それとも英語を話すことができ、経済の知識がある数少ない政治家の一人なのだろうか。
もし、多くの日本人が、麻生氏についての知識をすべてテレビから得ているとしたら、自分
たちの総理大臣をかなり低く評価していることだろう。

麻生首相は明らかに、4つある日本の民放TVネットワークの犠牲になっている。
これらの民放は政治の話題を、何か別な形態の番組と区別せずに扱っているように見える。
つまりテーマが面白おかしくなければならないような種類の番組と、
そうではない番組という
ことである。
日本にある唯一の公共放送であるNHKは注目すべき例外である。
NHKの政治ニュースはいつも、時には退屈なほど注意深く客観的に報じられる。

しかし、4つの民放にとっては、 麻生首相のマンガ依存症を攻撃することから始まり、5つ星
ホテルの会員制バーで息抜きをする日課をあざ笑うことまで、すべて
が格好の攻撃対象である。
このようなレポートは、単調になりがちな政治ニュースを盛り上げるために添え物として時々
報じられる分には、多分それほどの害はない。
しかし、一人の政治家を 過小評価することを目論んで、一日中際限なく、早朝5時半から深夜
かなり遅くまで終わることなくこのようなレポートをニュースショーで取り上げたとしたら政
治家は破滅させられる。

人気のあるニュースショーの司会者たちが、報道のプロではないという点も注目される。ニュー
スショーである「報道ステーション」の司会者である古舘伊知郎氏は
プロレスの実況アナとし
てキャリアを積んできた。彼は今日の政治の話題に関して論じる際、頻繁に無知を露呈する。
また、3時間にわたる朝のニュースショーの司会である、みのもんた氏は、一週間に22時間
15分もテレビ番組の司会(多くは生放送である)を しており、そのギネス記録を保持している。
だが、そのほとんどはバラエティ番組だ。
 
みの氏や、似たような他局の司会者たちは、自分た ちも嫌味な論評や思い付きの批判をするし、
スタジオのゲストがそうするように仕向けることにも忙しいのだ。
しかし、意見のバランスという観点からは、司会者もしくはゲストの誰かがショーの中で同時
に、麻生氏を支持する立場の用意されたコメントを、うやうやしくもサッサと片付けるという
のが普通だろう。しか しそうではなく、すべての民放ネットワークを通じてテレビのスクリー
ンから見えるのは、首相に対して同時に行われる集中攻撃だ。

日本経済を救うための麻生首相の景気刺激策も歪曲して報道され、今まで、表面的な少しのこ
としかしていないように見せている。麻生首相がまとめた政策はA4 サイズの用紙1枚に列挙
できないくらいに数が多く、時間の限られた多くのテレビ番組の中では詳細を議論することさ
えもできない。そこで、民放ネットワークはそれらの中から、たったひとつの政策に焦点を合わせた。
全ての国民に合計2兆円を現金で給付するという、議論を招く法案である。

民放は野党の意見に立って、概して、これは来るべき総選挙に勝利するための選挙対策のバラ
マキとして立案されたものであると説明してきている。民放はまた、給付金は所得税の還付に
到底及ばないと言っているが、それは何百万人もの低所得者、年金生活者はそのような税金を
払ってはいないという事実を都合よく無視している。
そのような層にとっては、一人当たり1万2千円の給付金はまさに天の恵みであるのだが。

また最近は、麻生首相にとって具合の悪 いニュースが伝えられた直後に、民放ネットワークが
急いで世論調査を行う
という、憂慮すべき傾向がある。最近の調査対象には、小泉純一郎元首
相が先週、 麻生首相への非難を公言した郵政民営化に関すること、および今週、中川昭一財務
大臣の国際記者会見での見苦しいふるまいが含まれている。
このような状況下 では、調査対象となった人々は悪いニュースばかりを思い出しやすいため、
麻生首相の人気が上がることはほとんど期待できない。下がるばかりだ。

民放ネットワークに秘密の協定などなく、すべての偏向報道が純粋に視聴率アップを目論むテ
レビ制作者の身勝手な行為の結果だと考えるのは、もちろん純朴に過ぎる。実際のところ、民
放キー局は日刊の全国紙を持つメディア会社が所有している

その政治的な視点は右から左まで実にさまざまである。つまり、民放ネットワークの政治的視
点は、それぞれのオーナーや編集者の政治的なイデオロギーを反映している
。時には、小泉政
権の時のように、民放ネットワークはニュースショーですべての批判を実質的に禁止すること
によって、首相のための応援団になることもできるだろう。

だが麻生政権に関しては、民放 ネットワークは「疑わしきは罰せず」の原理を首相には与える
つもりはなく、あらゆる機会を使って首相批判を続ける反麻生の野と
手を携えているように見
える。ここのところ放送されている反麻生のうねりの陰には、政治的野心を持つメディアの権
力者と、舞台裏で糸を引く勢力が存在する
と信じる理由があるのだ。

しかし、政治家を風刺する時でさえ、日本のニュースネットワークは礼儀正しいレベルを保つ
ことができる。隣接する台湾や韓国の勝手なメディアではそうではない。そこでは事態はより
乱暴になるだろう。たとえば、台湾で人気がある「パーティ」という政治風刺テレビ番組では、
台湾の馬英九総統 はその生真面目で清廉なイメージのために手加減して扱われるが、失脚した
陳水扁元総統のこととなると、笑わせるために遠慮なく言い囃される。

日 本では、麻生首相に関して偏向報道を行うメディアに対して、多くのブロガーが非難の声を
上げている。彼らは、メディアが野党の弱点に対して沈黙を守っている一方で、首相が力量を
示す点については軽んじていると述べている。昨年12月の産経新聞の記事で、アメリカ人エコ
ノミストのリチャード・クー氏が、国家 の経済における問題を理解し、その政策が外国の指
導者によって研究されている数少ない日本の総理大臣であるとして麻生首相を支持していた。
野村総研に勤めるクー氏は、従って、日本のメディアが漢字を読み違えるような些細な欠点に
関して麻生首相を抹殺しようとしているのは「全くの狂気」であると言う。

厳しさが増す状況だが、麻生首相にとって明るい兆しになりそうなニュースもある。
昨日発表された調査では、今年の総選挙に向けて、麻生首相は自民党のほとんどの党支部の支
持を取り付けたということだ。朝日新聞の調査によれば、47の自民党県連のうち30は麻生首相
の支持を表明している。いくつかは嫌々ながら の支持であると報じられてはいるが。
2001年に世論の支持を失った森喜朗元首相を失脚させるのに、地方組織がその手段となった
ことを思い起こすことには 意味があるだろう。


日本がすきなだけなんだよ http://koramu2.blog59.fc2.com/
海外メディアから見た日本のマスコミの麻生叩きの異常性 より転載


閉ざされた言語空間打破のため、これからも頑張って参ります!

日本研究所所長 鴨下豊の
やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん”

http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-c73f.html

「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/

at 21:52, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -

自民党は保守か否か? 人口の13人に1人を外国人にする計画が進行中・・・

なにこれ?と、先日びっくりしたことが。
その名も1千万人外国人移民計画
もちろん、日本人が外国に移民するのではなく
外国人を計画的に日本に移民させるのですよ!

日本の総人口は1億3千万人。
1千万人移民させたら13人に1人が外国人ですよ!

いいの?そんなことしていいの?
それって「国際化」なの?
これこそ日本を日本でなくするための計画の一端です。

誰なの?こんなおかしなことを考えるのは。
”また”民主党?と思いきや、これがなんと
自民党議員80名からなる「外国人材交流推進議員連盟」なる連盟が
「移民法」の成立を目論んでいるとのこと。

へえ〜、移民って「人材交流」なんだあ。
ものは言いようとはまさにこのこと。

自民党の中にも民主&社民&共産党とくっついた方がいい方たちがまだまだいるわけです。
自民党といって、保守だと認識してはなりませんね〜

今週末の選挙を機に、まだまだ政界再編が行われること。
そして超党派の強力な保守が形成されることを切に願います。

1千万人の移民計画については、こちらでお聴き下さい。


1千万人の移民計画など言語道断!孤立を恐れることなかれ!日本は孤立して発展した国である。
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-5220.html


なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/

at 09:03, 西 久美子, くみちゃんの”ふか〜い”話

comments(0), -, -